プレーワーカーがあなたの町へ

「子どもに野生が返ってきた!」と、遊ぶ子どもの姿に触れ嬉しそうに話した気仙沼のお母さん。表情のなかった子が笑ったり、声の出なかった子が大きな声で歌ったり。
こうした機会に一人でも多くの子どもに触れてほしいと、遊び道具を満載したプレーカーを走らせることにしました。
「これっぽっちのことで、こんなに子どもは遊ぶんですね」
必要なのは立派な遊具でも大自然でも走り回れるスペースでもありません。
子どもの力を信じて寄り添い、「遊びたい!環境」を引き出すこと。
それを専門とするプレーワーカーがあなたの町へと伺います。

プレーカーで遊ぼう

playcar01

トンカチやのこぎりを使った工作遊びや、様々な素材で自分だけの遊具を作ろう!
子どもが活きいきと遊べるコーナーが欲しい。そんな時にプレーカーを活用してみてください。
プレーワーカーが1日あなたのまちに伺います。

playcar02

○プレーカー積載

top01けん玉/ベーゴマ/コリントゲーム/クーゲルバーン/輪投げ/テーブルホッケー/黒板/焚火セット/水遊びセット/ボール/ロープ/ひも各種/材木各種/ドングリ/粘土/ペン各種/塗料/画用紙etc…

ダンボールで大きな子どもの城を作ろう

danball01

ひみつ基地  自分のお部屋 すべり台 段ボールにスライディングーーー!
体育館、集会所、会議室などは通年で可能性です。風の影響にもよりますが、屋外で青空の下の開催もおすすめです。

danball03
danball02
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena