【お知らせ】3/23(土)緊急シンポジウム『外遊びの未来』を開催します!

これまで被災地支援活動として行ってきたプレーカー活動の中で、子どもの遊びの実態が困難な状況にあると実感してきました。
そして、2017年12月に宮城県気仙沼市内すべての小学校の児童・親・祖父母を対象として行ったアンケート調査で、その実感が現実のものであると証明されました。

「外遊びをしない」という回答が8割にものぼるという現状を受けて、大人である私たちは、どう感じ、何をするべきか考える必要があると思います。
この度、「子どもを取り巻く環境待ったなし!」という想いのもと、緊急シンポジウムと題し皆様と共に考える機会をつくることにしました。

******************************

緊急シンポジウム『外遊びの未来』

【日時】2019年3月23日(土)
13:00開場
13:30開始
16:30閉会

【場所】尚絅学院大学(名取市ゆりが丘4-10-1)

【主催】一般社団法人プレーワーカーズ
【共催】尚絅学院大学

【定員】100名
【対象】子どもに関わる支援者/保護者/その他、関心のある人なら誰でも
【参加費】1,000円(資料代)

【内容】
●基調講演
「東日本大震災からの8年間を振り返って、子どもを取り巻く環境について思うこと」
~被災地支援活動報告・気仙沼市アンケート調査報告を元に~
神林俊一さん(一般社団法人プレーワーカーズ理事)

●パネルディスカッション
「子どもの育ちと復興まちづくりのためにこれからの10年をどう描くか」

お申込み方法など、決定し次第お知らせしますので、参加予定の方は追加情報にご注意ください。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena