【お知らせ】明治ホールディングス株式会社の株主様より、お菓子の寄付を頂きました

明治ホールディングス株式会社の株主様より、美味しいお菓子の寄付を頂きました。

復興の進む被災地とはいえ、いまだ子どもの環境は必ずしも芳しいものではありません。そんななかお菓子を食べながら過ごす時間は、子どもたちにとって大切な時間であったと感じております。

 

名取市の子どもの居場所「○○(まるまる)」
いただいたお菓子を使って、女の子たちが自分たちの「おへや」を作り、おままごとをしていました。本物のお菓子のおままごと、とても楽しそうに遊んでいました。

IMG_5020

 

気仙沼市の子どもの居場所「こどまど」
こどまどの駄菓子コーナーに加えさせていただきました。お小遣いを握りしめて来た子どもが、選べるお菓子が増えて喜んでいました。売り上げは、こどまどの運営に使わせていただき、子どもに寄り添う居場所を作っていきたいと思います。

S_7141250809559
石巻市「子どものまち・いしのまき」
子どもが主役のまちというキャッチフレーズのもとに「子どものまち・いしのまき」というイベントを毎年10月に開催しています。そこでは、子ども店長が自分たちのお店をつくって仕事を創り出すのですが、その子ども店長さんたちの振り返りを兼ねた打ち上げ会を12月9日に行いました。その際に、持ち寄り具材で作った鍋と共に、頂いたお菓子とジュースで交流を深められたことに大変感謝しております。
image4

 

石巻市「雷神さん」
復興公営住宅が立ち並ぶ新蛇田地区の裏手にある神社の中で、乳幼児親子を中心とした外遊び場づくりを行っています。12月に入り、乳幼児だけでなく近くの小学生や中学生も遊びに来るようになってきました。近年、第三の居場所の必要性が叫ばれていますが、子どもにとってその場所が居場所になるかどうかは、そこにいる人たちとの信頼関係の深さと密接です。その点においても、頂いたお菓子は単なるおやつとしてだけでなく、コミュニケーションのツールとして活用させて頂きました。
image2

以上のように、各地の活動で活用させていただきました。
誠にありがとうございました。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena