【講演会】地域で育む子どもの居場所の作り方

8月21日午前中 気仙沼で子どもに関わる方、必見!!

8月21日渡部達也チラシ

NPO法人ゆめ・まち・ねっと渡部達也&渡部美樹
子どもの遊び場・若者の居場所を切り口にした、まちづくり活動において「総務大臣賞」受賞。

冒険遊び場、まちなか保健室、こども食堂、ゆめまちねっとの実践。
児童相談所や県庁時代を経てNPOを立ち上げた理由とは
http://www.h6.dion.ne.jp/~playpark/

【日時】8月21日 10:00~12:00
【場所】市民健康管理センター「すこやか」気仙沼市東新城2-2-1
【定員】70名 託児:15名迄、飲物/着替をお持ち下さい。

【参加申し込み】
MAIL、又は TELより氏名・所属・連絡先をお願いします。
主催:一社)プレーワーカーズ
後援:気仙沼市、気仙沼市教育委員会
MAIL: info@playworkers.org   TEL:080-5546-1480

【講師紹介】元県庁職員(児童相談所ケースワーカー・富士山こどもの国)と元看護婦(重度心身障碍児施設)。
公園と川で「冒険遊び場たごっこパーク」、商店街の空き店舗活用「子どものたまり場おもしろ荘」運営。放課後の居場所を提供する「まちなか保健室」、個別学習支援「寺子屋」等を実施。自宅で社会的養護を必要とする子ども・若者と寝食を重ね、同年3月、「子ども若者シェアハウスむすびめ」を開設。
朝日新聞では12話掲載が組まれ、日本テレビ「ミヤネ屋」やNHK「おはよう日本」などで特集が放映されている

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena