―あれから5年、被災地の今とこれから― 講演会のお知らせ

東日本大震災子ども舞台支援事業公演 『3.11を忘れない』 ―あれから5年、被災地の今とこれから―

image2
image

当団体事務局長の神林が登壇します。

※以下公式サイトより抜粋

『東日本大震災子ども舞台支援事業公演 『3.11を忘れない』 ―あれから5年、被災地の今とこれから―』が3月12日(土)、芸能花伝舎(東京都新宿区)で開催されます。

東日本大震災から5年。当芸術団体が被災地に赴いて行う支援公演も200ステージを越えました。被災地では、復興作業における行政対応の格差や仮設住宅での生活からくる心労、子どもを取り巻く状況が、支援公演を続ける仲間達から報告され続けています。また一方で、時が過ぎていくなかで被災地から離れたところに住む私たちから震災の記憶が薄らいでゆく危機感を感じます。

5回目となる本公演は、東京において被災地で暮らす子ども達の実情を伝え、これからの支援の在り方や方法、舞台芸術の可能性を考えるとともに、大人たちがどのように子どもたちに接し、子どもたちの未来をどう支えたらよいかを考える場をつくりたいとの思いから企画されました。

プログラム

●会場:A1会議室

◆講演「福島の今、現状は」 13:00~
震災当時の問題、5年たった現状、そして今後の課題・復興とは。
講師:澤田 修(劇団風の子東北)

◆リーディング「海から来た子」 14:00~
震災に向き合った岩手発の朗読劇を、首都圏の創造劇団がチャレンジする。
作:柏葉幸子(「あの日から」岩手日報社刊)
脚色:坂田祐一
構成・演出:大澗弘幸(劇団風の子)
ピアノ:菊池大成
出演:井上一馬(イッツフォーリーズ)
けんけんくじら(フリー)
鳥居さとみ(ぬいぐるみ人形劇ショッコラン)
田中愛実(イッツフォーリーズ)

◆シンポジウム「こどものいのちとこころの話」 14:30~
子どもたちのさまざまな「今」と向き合うパネリストたちが、子どもの「未来」を語り合う。
パネリスト:神林俊一 /栗林知絵子
コーディネーター :渋沢やこ

●会場:B3会議室

特別招聘公演 17:30~18:30
演目「平行螺旋―へいこうスパイラル―」 
劇団もしょこむ(岩手県釜石市)
作:こむろこうじ
※終演後、出演者を交えたアフタートークを予定。

会場 A1会議室
講演「福島の今、現状は」   13:00~

2011年東日本大震災が起こった当時の福島の問題とは。5年たった今その問題はどうなっているのか。 2016年現在の、健康・産業・原子力発電・行政・住宅・学校・医療・訴訟といった様々な観点から福島の現状をお話しいただきます。現状から見えてくる今後の課題、福島の復興とは・・・。

講師

澤田 修(劇団風の子東北)

福島県喜多方市生まれ。2000年に企業組合劇団風の子東北を設立し、代表理事に就任。震災以降、子どもたちの心の復興に向けて福島県を中心に被災地での公演等の実施に奔走。自らが原案・脚本・制作を担当した「フクシマ発」の公演や講演活動を積極的に行っている。

リーディング「海から来た子」  14:00~

菜の花畑にずぶ濡れの少女が一人。記憶と声を失っていたが、ある家族と出会い、海から来た子“海来(みく)”と名付けられる。少女と、ある家族の再生物語。

                   出演

作:柏葉幸子

  (「あの日から」岩手日報社刊)

脚色:坂田祐一

構成・演出:大澗弘幸

           (劇団風の子)

ピアノ:菊池大成

井上一馬

(イッツフォーリーズ)

けんけんくじら

(フリー)

鳥居さとみ

(ぬいぐるみ人形劇ショッコラン)

田中愛実

(イッツフォーリーズ)

シンポジウム「こどものいのちとこころの話」  14:30~

震災後、被災地で「遊び」を通して子どもに寄り添い見えてきた事は決して被災地だけで起きている問題ではないと聞きます。また最近報道されている「子どもの貧困」の問題も他の様々な子どもを取り巻く環境につながっています。舞台芸術に関わり「子どもの今と未来」を豊かにしたいと願う私たちはお二人のパネリストの実践から今の子どもの姿を学び、未来を考えて行きたいと思います。

パネリスト

神林俊一

(一般社団法人プレーワーカーズ )

中学時代、いじめ・不登校の最中に、世田谷区のプレーパークに出会う。 2011年4月、被災地の住民と子どもの遊び場「あそびーばー」を開設。その後4年の寄り添いを重ね、多様化していく子ども環境を変えるため「(一社)プレーワーカーズ」を設立。気仙沼在住。

パネリスト

栗林知絵子(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)

地域の子どもを地域で見守り育てることをコンセプトに平成23年に「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」設立。池袋本町プレーパーク、子ども食堂、無料学習支援など活動中。自他共に認める「おせっかいおばさん」子どもの居場所を点在化することを目指している。

コーディネーター

渋沢やこ

(布紙芝居「なにぬの屋」 役者)

20年前の阪神淡路大震災では、世田谷区の冒険遊び場(プレーパーク)のスタッフとして「子どもの遊び場支援」に入った。その後劇団風の子を経て、なにぬの屋として全国各地を飛び回る。2011年以降、被災地で活動する若者に学ぶ学習会に取り組んでいる。全国児童・青少年演劇協議会会員。

会場 B3会議室
特別招聘公演
「平行螺旋―へいこうスパイラル―」
劇団もしょこむ

開演 17:30

(上演時間 約60分)

作 こむろこうじ

震災で両親や家、大切なものを全て失ったとある姉妹。しっかり者の姉、碧(小笠原景子)と不器用な妹、洋海(菅野結花)は2011年夏、仮設住宅に入居する。被災地の「内」「外」の温度差、震災の風化、遅れ続ける住宅再建、不安定な雇用…。葛藤の中で生きる2人の、2016年3月までの5年間を描く。姉妹が見いだす幸せのかたちとは-

*終演後、出演者を交えたアフタートークを予定しております。*

劇団もしょこむ

岩手県釜石市を拠点に活動しているアマチュア劇団。2015年2月に結成。市民有志を中心とした個性豊かなメンバーで立ち上げ、3月29日に市内の仮設住宅で旗揚げ公演を行う。旗揚げ作品『平行螺旋―へいこうスパイラル―』は、長期化する仮設住宅の暮らしと、姉妹の悲しみや不安、小さな喜びを表現した二人芝居。岩手県内で活動中の作家こむろこうじが「被災地の現状を現地から発信したい」と釜石のために書き下ろした。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena